​​​

​ 調査・研究コンサルティング体験談

社会情報教育研究センター(CSI) 調査・研究コンサルティングを利用した感想

法学部 特任准教授
益田 直子

 研究者は未知なる領域に足を踏み入れたいと日々考えています。しかし、研究の途上で、雲の中をひとりで歩いているような不安にかられる時もあります。CSIの調査・研究コンサルティングサービスは、そんな時に方向を確認しながら走ってくれる伴走者のようなものではないでしょうか。

 今回私が相談に乗って頂いた研究は、そのテーマを主に扱う研究分野及び近接分野において先行研究が十分にありませんでした。そのため、自らが設定した仮説・手法・データの組み合わせの良さを探ることが難しい状況にありました。そこで、コンサルティングサービス御担当の廣瀬毅士先生に質問をさせて頂いたところ、研究分野が異なっていても先の組み合わせの検討に参考になるものを紹介してくださいました。その後も私の試行錯誤にお付き合い頂き、その結果、希望していた査読付き雑誌より論文掲載の決定の知らせを受けることができました。適切なアドバイスに感謝をしております。

 調査・研究コンサルティングサービスへの需要は、計量分析への注目の高まりとともに増すだろうと思います。これから本サービスを利用したいと考えている方々にアドバイスがあるとすれば、コンサルティングの時間は限られておりますので、事前に質問内容を明確にすることが重要になると思います。例えば、何をどこまで分かればいいのかを明らかにしておくと、時間の有効活用になると思います。ご健闘をお祈りいたします。

調査・研究コンサルティング連絡先

コンサルティング相談・予約はこちらから 

E-mail: csi-info@rikkyo.ac.jp
電話番号:03-3985-4459(月~金 9時~17時)