​​​

​​​​​​​​​​​​​​​​​​ 調査・研究コンサルティングについて

社会情報教育研究センターでは、大学院学生・教職員・学内組織に対して、調査・研究コンサルティングを行っています。 調査・統計技法を日々の研究​活動に生かしたいというニーズに応えるべく相談業務を行っております。
また学内組織における大規模な調査・データ分析などのご相談も承ります。

​​

コンサルティング予約方法および注意点

1.コンサルテ​ィング予約方法は以下の3つの方法がございます。
  ① コンサルティング予約フォームへ入力
  ② メールまたは、電話にて事前相談
  ③​ コンサルティング対応時間帯に訪問
 (※相談日は予約状況と担当教員の専門性を考慮の上確定となります。)
2.相談時間は1ユニット30分~45分とさせて頂いております。
 (事前に相談内容をまとめ、要件を整理しておくことを推奨致します)
3.事前予約頂くことも可能ですが、1日1組までとさせて頂きます。
4.CSIが提供するコンサルティング対象と合致しない相談内容
 (調査・統計技法以外の内容)は対象外となりますのでご了承ください。
5.統計ソフト(SPSSなど)に関する基本的な操作方法につきましてはCSI統計分析
  セミナー
またはPCヘルプカウンター(図書館2階)にて対応しております。
  そちらをご利用ください。
6.テレプレゼンス(池袋キャンパス⇔新座キャンパス)によるコンサルティングも
  対応しております。準備の都合上、希望日から1週間前までにご連絡ください。
7.学内組織からの調査・分析に関する相談も受け付けております。
  CSIまでご連絡ください。
8.継続でご相談をご希望される場合は、月1回程度を目安にご連絡​下さい。
9.大学院学生がコンサルティング相談を行う場合は、予約フォーム入力時に
  担当教員名および​担当教員の​メールア​ドレスが必要となります。​


コンサルティング対応日​・時間帯

授業期間(春学期)毎週 月・火・木   13時15分~14時45分

※試験期間、大学が定める休暇期間は対応することができませんのでご了承ください。

コンサルティング対応教員・対応可能内容一覧表

<春学期>
◆時間帯 : 月曜日 13時15分~14時45分
 担当教員: 坂田大輔 助教
 専門分野: 経済統計学、ランダムサンプリング、公的統計、ミクロデータ
 分析手法: 多重クロス表分析、対数線形モデル、重回帰分析、ロジスティック回帰分析
 統計パッケージ : SPSS
 調査手法: 量的調査法(質問紙調査、ランダムサンプリング)

時間帯 : 火曜日 13時15分~14時45分​​
 担当教員: 大橋洸太郎 助教
 専門分野: 心理統計学、データマイニング、マーケティングサイエンス
 分析手法: SEM、因子分析、決定木
 統計パッケージ : R、SPSS、Amos
 調査手法: 量的調査法(調査票設計、ランダムサンプリング) ​

◆時間帯 : 木曜日 13時15分~14時45分
 担当教員: 朝岡誠 助教
 専門分野: 社会統計学、数理社会学
 分析手法: クロス表分析、相関分析、線形回帰分析、ロジスティック回帰分析(二項、多項、順序)、​
                 ​分散分析、主成分分析、因子分析
 統計パッケージ : SPSS、R
 調査手法: 量的調査法(調査票設計、ランダムサンプリング)
  

調査・コンサルティング体験談 

調査・研究コンサルティングはどういった相談を受け付けているの?そんなご要望に
お答えして、コンサルティング相談にきてくれた方の体験談を掲載いたしました。
詳しくはこちらから


調査・研究コンサルティング連絡先

コンサルティング相談・予約はこちらから ​

​コンサルティング予約フォ​ーム​

E-mail:csi-info@rikkyo.ac.jp​
電話番号:03-3985-4459(月~金 9時~17時) 

※具体的に相談内容がわかるような資料のご提出をお願いしております。


 

​​​​​​