​データ分析入門

  • スタッフ
    担当教員  :大橋洸太郎(社会情報教育研究センター助教)
    教育コーチ :丹野清美(社会情報教育研究センター学術調査員)
  • 学期/単位数:春学期/2単位​​
  • 授業の目標
    社会調査データの分析の基本的な知識を修得し、データの記述や簡単な二変数の関連を分析し、結果を適切に整理できるようになる。
  • 授業内容
第1講 統計を学ぶ統計を学ぶ意味と社会における統計の活用例を解説します。
第2講 変数の性質とデータ分析の方法データにおける変数の性質とデータ分析の方法について解説にします。
第3講 度数分布表とヒストグラムデータを理解するための方法として、度数分布表とヒストグラムを解説します。
第4講 さまざまなグラフデータを理解するための方法として、さまざまなグラフについて解説します。
第5講 ばらつきを読み取るデータの分布について解説します。
第6講 データを記述する変数の情報を代表する数値である代表値を解説します。
第7講 代表値を学ぶ変数の値のちらばり具合を数値化する指標について解説します。
第8講 異なる分布を比較する形状が異なる分布を比較する方法を解説します。
第9講 2つの変数の関連2つの変数の間に関係があるとは何を意味するのか、について解説します。
第10講 クロス表による集計・分析2つの質的変数の間の関係を明らかにする手法として、クロス表について解説します。
第11講 質的変数における関連の指標2つの質的変数の間の関係の強さを数値化する指標について解説します。
第12講 量的変数における関連の指標2つの量的変数の間の関係を探る手法を解説します。
第13講 回帰分析2つの量的変数の関係を探る手法として、回帰分析を解説します。
第14講 擬似相関と変数の統制:3重クロス表と偏相関係数擬似相関と変数の統制について解説します。
第15講 時系列データの分析 時系列データとは何かを理解し、特に経済時系列データの分析の基礎について解説します。
  • 成績評価方法・基準
    定期試験55%、コース教材内の練習問題15%、課題提出30%
  • テキスト
    特になし。オンラインで提示する内容がテキストに相当する。
  • 授業のデモ画面