​   オープンデータ

オープンデータの概要

オープンデータとは

 オープンデータとは、「コンピュータが処理しやすいデータ形式で、二次利用が可能なデータ」のことを指します。 近年、東日本大震災で情報の横の連携の重要性が顕在化したことや、国・自治体・独立行政法人・公益事業者等が保有する公共データのビジネス活用等への期待の高まりを背景に、今まで特定の組織や業界内等でのみ利用されていたデータを社会全体で共有できるように環境整備が進められています。

オープンデータの意義・目的

 平成24年7月4日 高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部において、政府は、「新たな情報通信技術戦略」及び「電子行政推進に関する基本方針」の趣旨に則り、公共データの活用促進に集中的に取り組むための戦略として、電子行政オープンデータ戦略を策定しました。 オープンデータの活用推進の意義・目的は、主に以下の3点です。

①政策に対する分析・判断の向上による行政の透明性・信頼性の向上
②官民の情報共有が進み、創意工夫を活かした公共サービスの迅速かつ効率的な提供やニーズや価値観の多様化への対応
③新ビジネスの創出や企業活動の効率化による日本経済の活性化、国・地方自治体の業務の効率化、高度化

オープンデータに関する政府の取り組みや活用事例

政府の取り組み

 電子行政オープンデータ戦略では、政府自らが積極的に公共データを機械判読可能な形式で公開し、営利・非営利を問わず活用を促進することを原則として定め、電子行政オープンデータ実務者会議における具体的施策の検討やロードマップの策定がなされています。 中でも、情報通信を所管する総務省では、オープンデータ流通環境の整備に向けた実証実験や調査研究が平成24年から行われ、他省庁よりも先行して保有データのオープンデータ化に取り組んでいる。

例:平成26年度「オープンデータシティ実証に向けた調査研究報告書(ZIP)」     
  平成27年度「オープンデータ利活用ビジネス事例集(ZIP)」

  (総務省ホームページより )

活用事例

オープンデータに関するリンク集

オープンデータ活用ヒアリングレポート

社会情報教育研究センター政府統計部会では、オープンデータ活用を積極的に進めている自治体へのヒアリングやシンポジウムの参加などを通じて、オープンデータに関する情報収集・発信を行っています。