​​​​2015年2月27日 第65回統計セミナーのお知らせ


一般財団法人日本統計協会、立教大学社会情報教育研究センター主催

「第65回統計セミナー」~平成27年国勢調査を迎えて~

第20回の節目となる国勢調査(平成27年10月1日実施)は、従来より調査方法等が大きな変更となります。 セミナーでは変更内容やその背景を説明し、国勢調査の結果がどこでどのように利活用されているかについて具体的な事例をまじえて紹介します。

ポスター​

第65回統計セミナー.jpg


          ⇒PDFファイルはコチラ​『第65回統計セミナー​.pdf』

開催日時・プログラム

日時:2015年2月27日(金)13:30~17:00

1.平成27年国勢調査の実施に向けて~5つのポイントと12の新たな取り組み~
《講師》 岩佐哲也 氏(総務省統計局 国勢統計課長)

2.人口減少と日本社会
《講師》 加藤久和 氏(明治大学 政治経済学研究科 教授)

3.地域人口と国勢調査
《講師》 大林千一 氏(帝京大学 経済学部 教授)

講師プロフィール

《講師1》岩佐哲也 氏
【略歴】総務省統計局国勢統計課長、平成19年総務省大臣官房企画課企画官、平成21年総務省統計調査部経済統計課長を経て現在に至る。

《講師2》加藤久和 氏
【略歴】明治大学政治経済学研究科教授、専門分野は社会保障論、マクロ経済・財政学、人口経済学、計量経済学、公共経済学。財団法人電力中央研究所主任研究員、ハーバード大学ケネディスクール客員研究員、国立社会保障・人口問題研究所室長を経て現在に至る。 

《講師3》大林千一 氏
【略歴】帝京大学経済学部教授、専門分野は人口学、統計学、経済統計。総理府統計局(現総務省統計局)後、統計局、内閣総理大臣官房広報室、各種人口統計、経済統計、世論調査などの担当を経て現在に至る。

開催場所

池袋キャンパス 8号館 8201教室

お問い合わせ・お申込み

 社会情報教育研究センター窓口まで
 
 ◆対象者:本学学生、教職員なります。