2015年3月2日 第10回CSI統計研究会のお知らせ

第10回 CSI統計研究会「東京都統計機構の現状と統計情報提供の課題」

東京都における統計組織は他の自治体とは異なり、統計部制をとっている。統計部のもと、調整課、人口統計課、産業統計課、社会統計課の4課が組織され、150人の職員で構成されている。こうした大規模統計組織がどのように日々統計業務を実施しているか共に、東京都の統計情報提供における現在の課題について報告していただく。

​​第10回CSI統計研究会_正式版.jpg 

開催日時・講師

日時:2015年3月2日(月)15:00~16:30

講師:溝口​裕昭 氏 (東京都 総務局 統計部 産業統計課長)

◆プロフィール◆
東京都庁職員として入庁後、様々な業務に参画し、2011年3月東日本大震災発生時には東京都総務局総合防災部情報統括役として災害復旧にかかる業務(罹災証明発行システム・防災情報システム)を担当。現在は、東京都庁統計部課長として、東京都統計機構の中心的業務を担う。

開催場所

池袋キャンパス本館 1101教室

対象者・参加方法

本学教員・学内外の研究者・自治体関係者

お問合せ・お申込み

立教大学 社会情報教育研究センター窓口

  • お申込み・お問合せ:csi-seminarinfo@rikkyo.ac.jp
  • 電話番号:03-3985-4459
  • メールに「第10回統計研究会参加希望」と氏名・所属・連絡先・開催日を入力の上、お申込み下さい。

主催

社会情報教育研究センター CSI統計研究会(政府統計部会)