2015年7月6日 第11回CSI統計研究会のお知らせ

第11回 CSI統計研究会「地域勘定測定の意味と限界」

我が国の地域勘定統計(県民・市民経済計算)は国際標準に沿った国民経済計算(SNA)の推計方法に準拠しており、勘定体系として生産・分配・支出系列それぞれの勘定表が推計され、概念的な整合が図られている。これから導入が見込まれる新たなSNAの国際標準である2008SNAでは、地域勘定の作成にはある一定の限界があることが示されている。本研究会では、現行の地域勘定測定の意味と限界について整理し、更に国際標準に沿った改善の方向性について述べる。

​​第11回CSI統計研究会お知らせ 

開催日時・講師

日時:2015年7月6日(月)18:00~19:30

講師:二上 唯夫氏 (一般社団法人 日本リサーチ総合研究所 特別研究員)

開催場所

池袋キャンパス本館 12号館 第1会議室

対象者

本学教員・学内外の研究者

お問合せ・お申込み

立教大学 社会情報教育研究センター窓口

  • お申込み・お問合せ:csi-seminarinfo@rikkyo.ac.jp
  • 電話番号:03-3985-4459
  • メールに「第11回統計研究会参加希望」と氏名・所属・連絡先を記載の上、お申込み下さい。

主催

社会情報教育研究センター CSI統計研究会(政府統計部会)